看護師・ナースの求人・転職比較ランキングサイト「看護師・ナース求人Wiki」

ranking

看護師とは?労働時間は?

看護師とは?

看護師 概要

看護師になるには看護系の学校や養成所で学んだ後、厚生労働大臣が行う国家試験に合格して免許を取得することでなれます。

看護系の学校や養成所では専門分野についての教育が積極的に行われるため、資格試験の合格率は高い(例年90%を超える)傾向にあります。

准看護士 概要

准看護士とは都道府県知事の免許を受けて、医師または看護師の指示を受けて、病傷者に対する治療上の世話または診療の補助、健康の維持促進をなすことを業とする者のことです。

准看護師は准看護学校を卒業後、都道府県知事の受験資格が与えられ、知事試験に合格すると都道府県知事から準看護師の免許が交付されます。

看護師との違いとしては、准看護師は知事免許であり、国家免許ではないことが挙げられます。具体的な仕事の違いは、看護師と同様で、看護師の指示を受けて行います。

<看護師に比べ収入は低いが仕事はほぼ同じという矛盾。>
基本的に仕事内容は看護師と同様でありながら、収入が看護師に比べ低いという矛盾点が挙げられます。

こうした背景を受け、日本看護協会は准看護師制度の廃止を希望していますが、低賃金の看護労働力を求める日本医師会の反発が根強く、問題が先延ばしになっている状況です。

現在、準看護師の養成所は減少傾向にあります。

女性の中では収入の高い職業。

平成20年の看護師の平均月収は32.2万円、そこから推定される平均年収(ボーナス込)は473.9万円。

過去の年収推移を見ますと、年収、時給ともに安定した推移を見せています。

看護師は女性色のイメージが強い職業です。実際に、看護師のうち約96%が女性になります。女性の平均的な年収は271万円ですので、看護師の給料はかなり高い水準にあるといえます。

需要の増加と深刻な看護師不足

看護師の需要は今後も増えるでしょう。最新の動向としては、高齢化の進展により、病院以外の介護施設などでの需要も高まっています。さらに、04年の労働者派遣法の改正やネットの普及が「派遣看護師」という働き方を増やしています。

労働時間は?

看護師の労働時間

全体平均

大規模な病院

中規模の病院

小規模の病院